洞心斉正行作雪玉玄翁500匁

当店に展示してある今回のテレビ放送をきっかけに200年以上前の和釘を使っておろしかねに似たつくりで玄能の地金部分を作り、現代の地金に巻きつける「とづる巻という方法」で大きな玄翁を作りました。
ひつに地金を巻きつけた角ができましたが地の模様は日本刀に似ていてあじわい深いです。
ふつう大きな玄能を作ると大雑把になりがちですが写真でとると大きさを感じさせない作りです。
今はできたばかりなので落ち着いてない雰囲気がありますが何年かたつと模様がもっとはっきりと出てくると思います。この玄能は当店に展示してあります。
型番 dousinnsaimasayukisakuwatetuyukidama
購入数
売り切れ